☆headline☆
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワの 「赤の広場」で自分の睾丸を釘打ちに…アーティストが露政府に抗議、拘束される。

Pick Up



政治的権利に対するロシア政府の弾圧に抗議するアーティストが10日、モスクワの「赤の広場」で裸になり、自分の睾丸を敷石に釘で打ちつけるパフォーマンスを行った。男性は病院で手当てを受けた後、警察に身柄を拘束された。












ロシアのウエブサイトで閲覧できる動画には、「レーニン廟(びょう)」の外で裸で座っているアーティストのピョートル・パブレンスキーさんを毛布で覆う警察と驚いた表情の通行人が捉えられていた。

病院で治療を受けた後、パブレンスキーさんの身柄は警察に移された。一夜明けた11日、予備審問の手続きを開始するため、警察はパブレンスキーさんを地裁へと移送したが、裁判所が警察の調書に事実誤認があるとして申請を受け付けなかった。その直後にパブレンスキーさんは釈放された。

パブレンスキーさんの弁護人を務めるディナル・イドリソフ弁護士によると、パブレンスキーさんが何らかの罪を犯したことを警察の調書は示せていないと裁判所側が判断したという。

同弁護士は「パブレンスキー氏は何の違法行為を犯してもいないのに訴追されそうになったということを事実上、裁判所側が認めたに等しい。つまり赤の広場での逮捕は不当で、根拠がなかったということだ」と述べた。

警察はパブレンスキーさんに、器物損壊など軽微なフーリガン行為の容疑をかけていたとされる。

釈放されたパブレンスキーさんは裁判所前で露テレビ・レインに対し「(今回の行動で)専制的な支配に対し声を上げ、われわれは今、警察国家と対峙しているという事実に(社会の)危機感を喚起したかった」と語った。また「さっさとやらなくてはいけないことが一番難しかった」と述べた。

パブレンスキーさんは当初、赤の広場の中央で抗議を実行するつもりだったが、屋外スケート場設営のために柵で囲われていたため、厳重な警備が敷かれているクレムリン宮殿により近いところでやらざるを得なかったと話している。

パブレンスキーさんが耳目を集める抗議行動を行ったことは今回が初めてではない。2011年には、モスクワにあるロシア正教会の聖堂でウラジーミル・プーチン大統領を批判する歌を演奏した女性パンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー2人が投獄されたことに抗議し、自分の上下の唇を縫い合わせた。また今年5月にはサンクトペテルブルク市の庁舎の外で裸になって鉄条網で自分の体を巻き、逮捕されている。

■source:
【「赤の広場」に男性器をくぎ打ち、アーティストが露政府に抗議 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News】



560_20131112225710cc5.jpg










RYOBI ドライバドリル CDD-1020
リョービ
売り上げランキング: 40

[アート・パフォーマンス]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。