☆headline☆
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「噴飯もの」誤用半数近く 文化庁の12年度国語調査

Pick Up


「噴飯もの」誤用半数近く 文化庁の12年度国語調査
文化庁は24日、2012年度の「国語に関する世論調査」の結果を公表した。


















誤用が目立つ慣用句の意味を選択式で5つ出題したところ、「噴飯もの」「流れに棹(さお)さす」「役不足」「気が置けない」の4つで、本来の意味ではない回答が本来の使い方を上回る結果となった。「噴飯もの」では本来の意味の「おかしくてたまらないこと」(20%)を「腹立たしくて仕方ないこと」(49%)が倍以上上回った。

「ふだん手書きで文字を書くか」という設問では、「はがきや手紙などの本文」を手書きする人の割合は64%で8年前の調査を11ポイント下回った。「報告書やリポートなどの文章」では手書き派が30%にとどまり、前回調査より16ポイント減った。パソコンや携帯電話の普及に伴い、文章を手書きする機会が減少していることを裏付けた。

対面コミュニケーションに関する質問では、「自分の言いたいことが相手に伝わらなかった」経験がある人と、「人の言いたいことを理解できなかった」経験がある人の割合がともに6割を超えた。原因については、若い世代ほど「自分に問題がある」との回答が目立ち、対話に自信がない傾向がみられた。

■source:
【「噴飯もの」誤用半数近く 文化庁の12年度国語調査  :日本経済新聞】









新編 日本語誤用・慣用小辞典 (講談社現代新書)
国広 哲弥
講談社
売り上げランキング: 100,714

[知識・雑学]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。