☆headline☆
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元出身メンバーいないのに…AKB「佐賀県庁版MV」誕生のワケ。

Pick Up


恋するフォーチュンクッキー
AKB48の32枚目シングル「恋するフォーチュンクッキー」のミュージックビデオ(MV)に今度は“佐賀県庁バージョン”が新たに登場した。













メンバー出演のMV以外に「スタッフバージョン」や「世界のファンバージョン」が現れ、今回、ユーューブのAKB48公式アカウントで、8日から新たに公開されたのが「佐賀県庁バージョン」だ。

「佐賀県にツキを呼びこもう!」とMVにも出演した古川康県知事(55)がAKB側と交渉。職員が自身の仕事を紹介しながら「恋する――」を踊っている。県内のゆるキャラも駆けつけ、総勢約1000人が先月下旬から練習を開始、制作費は約50万円かかったとか。

古川知事は「佐賀県庁って楽しそう! 佐賀県っておもしろそう。見ているあなたを夢中にさせたい」とコメントした。

それにしても、なぜ佐賀県なのか?「恋する――」でセンターを務める指原莉乃(20)は大分県出身。
それどころAKB48グループで佐賀県出身メンバーは一人もいないが…。

県庁関係者は「古川康知事はAKBの秋元康総合プロデューサーと名前が同じで、同い年でもある。情熱的でフットワークが軽く、いろいろ仕掛けるのが大好き。昔は知事なのにラジオ番組で、パーソナリティーを務めていたことも。職員の間で“佐賀の康”なんて声もあるんです」と明かす。

古川知事は2003年にもピン芸人はなわ(37)のヒット曲「佐賀県」のMVに出演。当初、「歌詞が佐賀県をバカにしている。知事の許可なしでは発売させない」とも言われたが、笑顔でゴーサインを出したのが古川知事だった。

■source:
【地元出身メンバーいないのに…AKB「佐賀県庁版MV」誕生のワケ 】









【精米】佐賀県産 白米 さがびより 5kg 平成24年産
藤井商店
売り上げランキング: 297

[話題]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。