☆headline☆
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車や路上に落ちていた毛髪を集め、抽出したDNAから顔を3D再現するアーティスト。

Pick Up


3d
電車の中に落ちていた毛髪や路上に吐き捨てられたガム、たばこの吸い殻などを拾い集めてDNAを抽出し、持ち主の顔を3Dプリンターで再現する――。そんなプロジェクトを米ニューヨークのアーティストが展開している。











このプロジェクト「ストレンジャー・ビジョン」を始めたのはアーティストのヘザー・デューイハグボーグさん。「1本の毛髪に魅せられてアイデアを思いつき、誰かが残していった物から何が発見できるかを探究するプロジェクトになった」と話す。

「作品」の制作は、まず公共の場に落ちている毛髪やたばこの吸い殻などを探すところから始まる。「できるだけ新しいものがいい。踏みつけられたり、古そうに見えるものは使えない」という。

集めたサンプルは地元の生命工学研究施設に持ち込んでDNAを抽出し、ポリメラーゼ連鎖反応という手法を使ってDNAを増幅させる。1本のたばこの吸い殻から、人種や性別、目の色、髪の色、肌の色、太りやすい体質かどうか、ある程度の顔つきまで分かるという。

この情報をコンピュータープログラムに入力して顔の立体モデルを作成。ニューヨーク大学の先端メディアスタジオで3Dプリンターを使い、8時間ほどかけて印刷する。表面を覆う粉末を取り除くと、中から人の顔が出現する。


1_2013090610590703e.jpg


この工程についてデューイハグボーグさんは、「画家が鉛筆でスケッチするようなもの。コンピューターコードを使って1つの顔のさまざまなバージョンを生成し、DNAの中に見つけた情報に基づいて特定の特徴を強調したり加減したりする」と説明する。

ただし入手できる情報には限界もある。出来上がった顔は、DNAの持ち主の顔の全体的な特徴はとらえているものの、完全には一致しない。また、DNAからは年齢が判別できないため、年齢はすべて30代前後にしてあるという。


2_20130906105909843.jpg


プロジェクトを始めたのは2年前、まず最初に制作したのは自分自身の顔だった。「最初はどれくらい自分に似たものが出来上がるか分からなかった。しかし全体的な顔の形がよく似ていたのは特に印象的だった」とデューイハグボーグさん。

一般の反応はおおむね好評だという。ただ、倫理的な疑問を投げかける声もあり、ブログには「非常に気味が悪い」という感想も書き込まれた。

しかしデューイハグボーグさんは、「多少気味が悪いと思われても構わない。狙いはこの問題を認識してもらい、こんなことが可能だと知ってもらうことにある」と説明する。「このプロジェクトの意図は芸術と技術と科学が交差する部分での探究であり、挑発でもある」

■source:
【CNN.co.jp : DNAから顔を3D再現 NYの芸術家 - (1/2)】










AFINIA(アフィニア) H479 3Dプリンター 【正規輸入品】
MICROBOARDS・Technology
売り上げランキング: 141,734

[アート・デザイン]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。