☆headline☆
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高層ビルの反射光で車が溶ける、建設会社が調査開始 ロンドン。

Pick Up


melt car
英ロンドンで、新たに建設中の超高層ビルに反射して集まった日光によって、近くに止めてあった自動車数台の車体が溶けてしまったことが分かり、工事を行う建設会社は3日、調査に乗り出していることを明らかにした。






問題のビルは、同市中心部に建設されているガラス張りのタワー「20フェンチャーチ・ストリート」。上部に向かって広がる形状から通称「ウォーキートーキー(Walkie Talkie)」(携帯用無線電話機の意)と呼ばれている。

ロンドン市民らは、このビルが反射する太陽光から目を守るようにしてビルのそばを通っているが、自分の車がこの光のせいで溶けてしまったと苦情を寄せる人も数人出ている。

地元のビジネスマン、マーティン・リンジーさんは、このビルの近くに自分のジャガーを止め、しばらくして車に戻ってみて目を疑った。車の片側の外板がゆがみ、サイドミラーとボンネット上のジャガーのエンブレムが溶け出していたのだ。

リンジーさんは英国放送協会(BBC)に対し、「フロントガラスに建設会社からの貼り紙があり、『お車が変形しています、お電話にてご連絡願います』と書いてあった」ことを明かし、車がここまで損傷してしまったことを「信じられなかった」と語った。

3日には同ビルの周囲に大汗をかいた報道陣が詰め掛け、あるリポーターは反射光で熱したフライパンで卵を焼いてみせた。ウォーキートーキーには今や、「スカイスクレーパー(高層ビル)」ならぬ「フライスクレイパー」というあだ名まで付けられてしまった。

物理学者らは、同ビルの外壁が凹面鏡状になっているため、太陽光線が一点に集中していると、問題の原因を指摘。英紙タイムズは、2日の同ビル付近の気温は45度を超えていたと伝えた。

建設会社のランド・セキュリティーズとカナリー・ウォーフ・グループはリンジーさんに謝罪し、建物がジャガーに与えた損傷を弁償した。一方で、現場付近にあった3台分の駐車スペースは使用中止とされた。

両社は、この現象の原因が「現在の太陽の昇る位置」にあるとして、これから英国の季節が秋に向かえば問題は消滅すると釈明。「今はこの状態が毎日約2時間続いているが、当初の試算通りであれば2~3週間で収まる」としている。

この37階建てのオフィスビルは、2014年3月に完成予定。そのデザインに対しては地元住民から賛否両論が寄せられており、中にはそのずんぐりした姿が街の景観の汚点になるという厳しい声も上がっている。

■source:
【高層ビルの反射光で車が溶ける、建設会社が調査開始 ロンドン 写真9枚 国際ニュース : AFPBB News】














TESCOM ナノイオンカールドライヤー TIC3000-A ブルー
TESCOM (2009-03-21)
売り上げランキング: 53,766

[ハプニング]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
2013.
09.06 / 21:15

#-
編集

このビル 何年か前も反射光で火傷したとかで 問題にならなかったっけ?

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。