☆headline☆
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSYがサッカーイタリア杯決勝で江南スタイルを歌い大ブーイング。

Pick Up


psy
イタリアのサッカー場で祝賀公演を行なっていた歌手PSY(サイ)が、観衆からヤジを受けて人種差別問題に発展している。














FOXスポーツおよび外信などによると、26日(イタリア時間)にローマのスタディオ・オリンピコで伊プロサッカーのASローマとラツィオによるイタリアカップの決勝戦が開かれた。この日の試合に先立ちPSYは『江南(カンナム)スタイル』を歌ったが、この中で観衆の一部はヤジを飛ばしたり爆竹を鳴らしたりするなどして騒乱となった。主催側は『江南スタイル』の音楽のボリュームを大きくしてこれに対応し、PSYは公演を最後まで冷静に終えたあとイタリア語で「イタリア、愛しています」といい添えた。

現地メディアはこの日のヤジが人種差別主義者によるものかは明確にしなかったが、両チームのファンによる最近の人種差別的行為の応酬にPSYが巻き込まれたことを指摘した。

今月12日にはASローマファンがミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)で開かれたACミランとのアウェーゲームで、相手チームの黒人選手マリオ・バロテッリとキャビン・プリンス・ボアテングに人種差別的なヤジを飛ばしたことで競技はしばらく中断したことがある。このことでASローマ球団は、セリエA事務局から罰金5万ユーロの制裁を受けた。

一方のラツィオも観衆が人種差別的応援を行い、今年3月の欧州サッカー連盟(UEFA)から無観客2試合と罰金4万ユーロの懲戒を受けている。

■source:
【歌手PSY、イタリア公演中にヤジ飛ばされる…人種差別問題に発展- 最新ニュース|MSN トピックス】










[話題]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。