☆headline☆
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虐待されている児童を救うための子どもにしか見えない広告。

Pick Up


only for children
スペインの児童支援団体「ANAR Foundation」によるプロモーション。街中に設置された少年の顔が大きく載った広告。道行く人たちは何の気にも留めずに通り過ぎて行ってしまいます。しかし子どもがこの広告を見ると、広告の少年の顔は傷だらけになり、「もし君が誰かに虐待されていて、僕らに電話をしてくれたら、君を助けることができる。」というメッセージが確認できる。これは大人が見る角度と10歳以下の子どもの角度では違う見え方をするような仕掛けが施されている。道行く人たちにはこの広告が見えているのに、広告の真意は子どもにしか見えていないというのもなんとも皮肉な仕掛けですね。









■source:
【Fundacion ANAR: Only for Children | Ads of the World?】



ONLY FOR CHILDREN








子どもを虐待する私を誰か止めて! (光文社知恵の森文庫)
長谷川 博一
光文社 (2011-02-09)
売り上げランキング: 133,750

[CM・広告]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
2013.
05.08 / 00:38
名無し
#-
編集

これはいいアイディア

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。