☆headline☆
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンとテキサスの爆弾事件両方に居合わせ、無傷で助かった奇跡の男性。

Pick Up


boston
連日世界を騒がせているアメリカでの無差別連続爆弾事件だが、ボストン・マラソンの爆弾事件で奇跡的に難を逃れた男性が、その後、今度はテキサスでの工場爆弾事件に巻き込まれ、再び難を逃れた。














ジョー・ベルティさんは、今週月曜日に開催されたボストン・マラソンに参加し、あの巨大爆発がゴール付近で起こった僅か数秒前に、ゴールのテープを切っていた。

観戦に訪れていたジョーさんの妻と友人達も、ゴールしたジョーさんに駆け寄り、爆弾からたった2.7mしか離れていない距離にいた。

ボストン・マラソン爆弾事件では、子供を含む3人が亡くなり、180人以上が負傷したが、奇跡的にもジョーさんは無傷で助かった。妻と友人の一人も爆風で飛んできた破片に当たったが、ほぼ無傷だった。しかし、彼らのすぐ隣りに立っていた女性は、片足の膝から下を吹き飛ばされてしまった。

「僕がゴールしたほんの30秒くらい後に、最初の爆発音が聞こえたんだ。振り返って後ろを見たら、煙が立ち込めていた。すぐに爆弾だって気づいたよ…それから2回目の爆発が起こって、人の波が走っていくのが見えた。」

事件の翌日、ジョーさんたちはボストンを後にし、テキサスの自宅へ戻った。事件のショックは大きかったに違いないが、だからこそ、普通の日常に戻ることは、ジョーさんが待ち望んだことでもあった。

だが水曜日の夜、会議を終えて自宅へ向かっていたジョーさんは、行く先の左側前方から黒い煙が上がっているのを目にした。車で近づいていくと、そこにはジョーさんにとっては2回目の爆発が起こっていた。いくつかの破片が、ジョーさんの車の上に降り積もった。

テキサスでの工場爆発事件では、少なくとも5人が亡くなり、160人以上が負傷した。

妻アミーさんは、「私たちよりも、ずっとずっと不運な目に遭ってしまった人々に、ただただ祈りを捧げます。」
と話している。

たった2日間で2回も世界を揺るがす爆弾事件を体験し、奇跡的に助かったジョーさんは、果たして幸運だったのか、不運だったのか。

ジョーさんはきっと、複雑な心境に違いない。

■source:
【【海外:アメリカ】ボストンとテキサスの爆弾事件両方に居合わせ、無傷で助かった奇跡の男性 | キャリア | マイナビニュース】











[話題]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
2013.
04.21 / 03:34

#-
編集

ファイナル・デスティネーションの始まりだな

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。