☆headline☆
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タスマニアデビルを絶滅の危機に追い込む顔面腫瘍、ワクチン開発に突破口 研究

Pick Up


BBC News Tasmanian devil cancer vaccine a step closer
かみつき行為で伝染する顔面腫瘍により絶滅の危機にさらされているタスマニアデビル――この腫瘍のワクチン開発への突破口が見つかったとの研究が、12日の米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。














研究はタスマニア大学、ケンブリッジ大学、南デンマーク大学、シドニー大学の共同研究として行われ、タスマニア大の免疫学者グレッグ・ウッズ氏が主導。いかにしてこの腫瘍が根付き、急速に成長しているのかを突き止めた。

1996年に野生で初めて発見されたデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)は、感染したタスマニアデビルを通常3~6か月以内で死に至らしめる。この疾病により、野生のタスマニアデビルの個体数は91%減少し、危機的な水準近くにまで減っている。

DFTDがタスマニアデビルに壊滅的な影響を及ぼしている理由について、これまでは、タスマニアデビルが何世代にもわたって近親交配を続けたために遺伝子の多様性がなくなり、免疫システムが弱体化したことが原因だと考えられていた。

だが、ウッズ氏率いる研究チームは、DFTDの細胞に、通常の哺乳類の細胞表面で見つかる「主要組織適合遺伝子複合体(major histocompatibility complex、MHC)」と呼ばれる免疫作動のための重要なマーカーが存在しないことを突き止めた。

MHCマーカーが存在しないため、腫瘍の細胞は、タスマニアデビルの免疫システムから異物とみなされず、急速に増殖していたのだ。

さらに重要なことに、DFTD細胞にはMHC分子を作る遺伝子が残っていることが分かった。つまり、DFTDにMHC分子を作らせることができるかもしれないという。

「免疫反応を誘発するタンパク質であるインターフェロン・ガンマなどの信号分子を導入することで、DFTD細胞にMHC分子の発現を強制させることができるかもしれない」とウッズ氏は述べ、「この発見は、ワクチン開発の可能性を示すものだ」と語った。

■source:
【タスマニアデビルを絶滅の危機に追い込む顔面腫瘍、ワクチン開発に突破口 研究 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News】









タスマニアデビル No.4383
HANSA (2011-08-01)
売り上げランキング: 347,100

[生物・動物]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
2013.
03.13 / 22:00
あああ
#-
編集

絶滅すればいいじゃん
まあ人間が助けるのも自然の摂理なんだろうけど

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。