☆headline☆
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリショイ・バレエ、渦巻く醜聞…襲撃・脅迫も

Pick Up


Bolshoi Acid Attack
世界屈指の名門バレエ団で、日本でも人気のロシアのボリショイ・バレエ団が醜聞に揺れている。
















元トップダンサーで、芸術監督のセルゲイ・フィーリン氏(42)が襲撃され、バレエ団の関係者による内部犯行説が浮上。華やかな舞台の裏に渦巻くねたみが明るみに出て、ファンを失望させている。

事の発端となったフィーリン氏の襲撃は1月17日夜に起きた。同氏は自宅近くで顔などに強酸性の液体をかけられ大やけどを負った。右目は失明の危険もあったが、数度の手術により視力はある程度回復する見通しで、同氏は復帰に意欲を示している。しかし、犯人はまだつかまらない。

事件についてフィーリン氏は、大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダとのインタビューで「犯行は自分の仕事と関係あると思う」と述べ、襲撃されるまで何度も脅迫を受けていたことを明らかにした。身辺に危険を感じ、昨年12月にはボリショイ劇場側に「保護と支援」も求めていたという。

警察も、配役をめぐる怨恨など、バレエ団の運営に絡んだ犯行の可能性があるとみて捜査している。インターファクス通信によると、バレエ団の現トップダンサー、ニコライ・ツィスカリーゼ氏(39)を含む複数の団員が事件の参考人として事情聴取を受けた。

■source:
【ボリショイ・バレエ、渦巻く醜聞…襲撃・脅迫も : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】












[事件・事故]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。