☆headline☆
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

貧しい人々の口から「ぜいたくな悩み」風刺広告が大ヒット。

Pick Up


viral ad i hate
「ミント味のガムをかむと氷水が冷たすぎていやだ」 「携帯電話の充電コードがベッドに届かなくていやだ」
――先進国の人々がツイッターに書き込んだ「ぜいたくな悩み」を、貧困国の住民らが無表情で暗唱する。米NGO(非営利組織)が流す60秒間の広告ビデオが、インターネット上で大きな話題を呼んでいる。













このビデオは、途上国の飲料水確保に取り組む「WATERisLife(WiL)」が、活動への支援を呼びかける目的で公開した。

先進国のぜいたくな悩みを意味する「FirstWorldProblems」のハッシュタグ付きで投稿されたツイートを、西半球で最も貧しい国のひとつであるハイチの住民の口から紹介している。

1人の男性がトタン屋根の小屋の前に立ち、「家が大きすぎて無線ルーターが2つ必要だ」と唱える。「洗濯機の中に服を入れたままにしておくとにおってくる」と話す少女の背後には川の水で洗濯する女性の姿が見える。コンクリートの階段に座った少年からは「メードに小切手を書こうとしたら苗字を忘れた」というせりふ。それぞれの場面で、言葉と現実のギャップが際立つ。

ビデオの最後には「ぜいたくな悩みは悩みではない」という文字とともに、「きれいな水を必要としている人々へ届けるために寄付を」との呼び掛けが浮かび上がる。

世界の病気の原因の1位は不衛生な飲み水とされる。WiLによると、世界では水を媒介とした病気で毎日6500人が命を落とすという。

ビデオを制作した広告会社、DDBニューヨークの最高クリエーティブ責任者、マット・イーストウッド氏は「ツイートを書き込んだ人たちの面目をつぶすつもりはない。ただツイッターで不満をつぶやく前に、世界にはもっとはるかに重大な問題があることに思いをはせてほしいだけ」と話す。

動画共有サイトのユーチューブでは1ヵ月足らずのうちに閲覧回数が170万回を超え、「これまでぜいたくな悩みのツイートを面白がっていたのが申し訳ない」 「自分がいかにわがままな甘ったれだったか、どんなに恵まれているかが分かった」といったコメントも書き込まれている。


■source:
【CNN.co.jp : 貧しい人々の口から「ぜいたくな悩み」 風刺広告が大ヒット - (1/2)】
【First World Problems】









[CM・広告]最新記事:
スポンサーサイト



COMMENT
2012.
10.24 / 18:50

#3KrfhFaQ
編集

分かってるけど、パソコンはやめられない!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK