☆headline☆
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

ガラパゴス諸島に暮らすゾウガメ「ひとりぼっちのジョージ」が死ぬ。

Pick Up


LONESOME-GEORGE-GALAPAGOS
南米エクアドル・ガラパゴス諸島のピンタ島で唯一生き残ったゾウガメとして知られる「ロンサム・ジョージ」(ひとりぼっちのジョージ)が6月24日早朝、サンタクルス島の保護施設内で死んでいるのが確認された。












ガラパゴス国立公園局が同日、発表した。推定年齢約100歳のオスだった。同公園局は今後、死因などを調べる。

ガラパゴス諸島には島ごとに異なるゾウガメの亜種がおり、ダーウィンが進化論を着想するヒントになった。ジョージは、亜種の一つピンタゾウガメの最後の1頭だった。子孫を残そうと1993年から近縁種との交配が試みられたが失敗。ジョージの死により、ピンタゾウガメは絶滅した。

■source:
【R.I.P. Lonesome George】
【ガラパゴスの「ひとりぼっちの」ゾウガメ死ぬ : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】














ひとりぼっちのジョージ―最後のガラパゴスゾウガメからの伝言
ヘンリー ニコルズ
早川書房
売り上げランキング: 11209

[生物・動物]最新記事:
スポンサーサイト



COMMENT
2012.
06.25 / 23:16
名無しさん@ニュース2ちゃん
#-
編集

もしかして・・・100年間童貞とか

コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK