☆headline☆
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08
おすすめサイト新着ヘッドライン1
おすすめサイト新着ヘッドライン2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第84回アカデミー賞、映画をテーマにしたシルク・ド・ソレイユのパフォーマンス。

Pick Up


Cirque du Soleil
2月26日、第84回アカデミー賞授賞式が行われ、シルク・ド・ソレイユが幻想的なパフォーマンスを披露した。背後のスクリーンに投影される映画の名シーンと人間離れした曲芸が組み合わさることで生まれるのは、映画を観る喜び。それを思い出させてくれる見事なパフォーマンスに、司会のビリー・クリスタルもうまく形容する言葉が見つからないようだった。









「ザ・マペッツ」に登場するミス・ピギーとカエルのカーミットに紹介されてステージに現れたのは世界中で人気を博し、会場となっているコダック・シアターでも公演をしているシルク・ドゥ・ソレイユ。次々と繰り出される曲芸には会場中の人々が見とれており、会場は水を打ったように静まっていた。

そして、第84回アカデミー賞では「アーティスト」「ヒューゴの不思議な発明」という映画愛をテーマにした作品が中心となっていることを受け、パフォーマンスも「映画を観る喜び」をテーマにしたもの。ステージ上では背後のスクリーンにvタイタニック」をはじめとする名作の映像が次々に映し出されたほか、シルク・ドゥ・ソレイユのメンバーを映画館の観客に模したパフォーマンスはまさにアカデミー賞にふさわしく、ステージ上の幻想的な雰囲気は、映画が持つマジックを十分に感じさせるものだった。

■source:
【シルク・ドゥ・ソレイユ、「映画」をテーマにしたパフォーマンス! - シネマトゥデイ】











[アート・パフォーマンス]最新記事:
スポンサーサイト
COMMENT
コメント
管理者にだけ表示を許可する
TRACK BACK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。